瞬間「news」

生活や芸能のニュ-スをお届けします

大河ドラマ「麒麟がくる」放送回を減らす方向!年内終了の可能性大!

大河ドラマの「麒麟がくる」が放送回を減らす方向で動いているニュ-スが飛び込んできました。

このままでは年内終了の可能性が大となります。

スポンサーリンク



大河ドラマ「麒麟がくる」放送回を減らす方向!

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け撮影を休止している、長谷川博己(43)主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜、後8・00)が、放送回数を減らす方向で調整していることが7日、分かった。

撮影再開のめどが立たない中、6月7日放送分の第21話で撮影済みストックが切れることから放送中断は不可避。“越年”の可能性も浮上したが、年内終了へ回数減で対応する可能性が高くなった。

「麒麟-」は4月1日から撮影を休止。その後、緊急事態宣言を受け同7日には収録中止の延長を発表していた。仮に6月に同宣言が解除されて、撮影を再開したとしても、同14日の放送には物理的に間に合わず、放送中断は避けられない事態。

大幅な撮影遅れへの対応策が話し合われる中で、関係者は「本数を少なくすると聞いている」と話し、回数短縮を軸とすることで協議が進められているようだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000004-dal-ent

ネット上の意見は

大河ドラマ「麒麟がくる」年内終了の可能性大!

仕方がない判断なのでしょう。

キャストの方のスケジュ-ル調整もあるでしょう。こればかりは無理は言えません。

 

 

大河ドラマ「麒麟がくる」放送回を減らす方向!年内終了の可能性大!まとめ

今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」放送回を減らす方向で年内終了の可能性が大ということについて紹介しました。

新型コロナウイルスの影響はここまであるのですね。

早く終息してくれることを望みます。

スポンサーリンク