瞬間「news」

生活や芸能のニュ-スをお届けします

映画「新聞記者」がアカデミ-賞に!松坂桃李がコメントした言葉とは

映画「新聞記者」がアカデミ-賞の最優秀作品賞を受賞しました。

なにかと話題の多い最近の映画ですが、この作品で松坂桃李がコメントした言葉とは。

スポンサーリンク




 

映画「新聞記者」がアカデミ-賞に!松坂桃李がコメントした言葉とは


引用:(C)日本アカデミー賞協会

授賞式のなかで、松坂桃李は次のようにコメントしました。

「うれしいです。純粋に。ここにはいない本当にスタッフの方々、関係者の方々と一緒に喜びを今すぐにでも分かち合いたい気分です。」

それとともに、

「この作品は実現までに、二転三転、四転五転くらい色々なことがありました。それでも見てくださる方に届けたいという人が集まって撮りきることができました。」と堂々とスピ-チし、また

「僕自身、ハ-ドルの高い役だなと思いました。でも、ウンギョンさんとお芝居できて、今日という日を糧にまた新たに作品の一部になれるように努めていきたいです。」とも語っていました。

今後も松坂桃李の活躍には、目が離せません。

スポンサーリンク




 
またSNSでも、話題となっていました。

この映画を見るには、U-NEXTがおすすめですよ↓