日テレの日曜日22:30~のドラマ枠は過去視聴率の高いドラマが多い人気作の時間帯である。

このドラマも最近多いコミック原作ものや医療ものではないオリジナルのスト-リ-とあって始まる前から話題が多かったドラマです。

スポンサーリンク



 

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」最終回でのコメントが話題!

       引用:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/topics/#72h90fkxvindq7hb

タイトルにインパクトがありすぎて、当初面白いのかどうかと心配された声もあるとか。

しかし、始まってみるとキャストである清野菜名と横浜流星のコンビやMr.ノ-コンプライアンスの佐藤二朗の演技やアクションにハマってしまいました。

3月8日放送の最終回直前では、加速していく内容についていくのがやっとで、あっという間に終わってしまいました。

そんな面白ドラマもいよいよ最終話が2020年3月15日に日テレ系列で放送されます。

最終話の予告編動画も公式HPでアップされていました。↓

クランクアップ後の主役お二人のコメントもしっかりとした内容で、さすがという感じでした。

以下番組の公式HPでのコメントの引用です。

清野菜名クランクアップコメント

みなさん、お疲れ様でした!原作のないものだったので、ひとつずつ、みんなで試行錯誤しながら作り上げた作品というのは、私の財産になりました!この独特な世界観をどう表現していくか、最初の撮影のころは苦労しました。みなさんと一致団結して撮影していって、回を重ねるごとに、いい作品ができているなという実感がでてきました!そして、視聴者の方もちゃんとついてきてくださっているのを、毎週毎週実感することができました。最後まで、よろしくお願いいたします!

横浜流星クランクアップコメント

みなさん、本当にお疲れ様でした!みなさんとともに、いちから、挑戦的なオリジナル作品を作れたことに意味があると思いますし、僕の財産にもなりました。3か月間、直輝でいることが、思ったよりしんどい時もありましたが、それを超える素敵な体験をさせていただけて、幸せでした。本当にありがとうございました!

これからのご活躍が期待されますし、またこのコンビでの新たなドラマがあると面白いです。

出来れば映画版なんてのもあったら面白いと思いますが、いかがでしょうか?

 

スポンサーリンク