京都の中でも初詣で特に有名な伏見稲荷大社ですが、いざ伏見稲荷大社に行こうとした時にどのような方法で行けばいいのかをここでは、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



伏見稲荷大社とは

全国数ある稲荷神社の中でも、日本三大稲荷はどこでしょうか?と聞かれると必ず最初に出てくるくらい有名なのが、ここ京都にある伏見稲荷大社ではないでしょうか。

最近では、拝観料も要らないことから日本問わず諸外国の方からの京都観光コ-スの一つとして有名になりましたので、平日休日問わず日本より多くの外国の方を見られるようになりました。

神社の特徴としては、まず伏見稲荷大社の御神体そのものは稲荷山の方に、そして稲荷山の山麓に社殿群が並んでいるところです。

これは、御神体を気遣っての配慮からだと言われています。

しかし稲荷山は一般の参拝客も入山することができ、だいたい2時間位で見まわることができます。

ポイントは千本鳥居と言われているくらい鳥居をくぐります。鳥居陣(千本なのに一万本位ありますが…)をくぐっていく山道の部分もあり、鳥居を見ながらだと飽きずに山道を通っていくことができます。

乱に並んだ鳥居をくぐっていくと神聖な気持ちにはなるのですが、私が子供の時に遠足で稲荷山に来た時には少し怖い気もしていたのを覚えています。

それだけ子供心に独特の空間だったからだと思います。

ここお稲荷さんは、商売繁盛及び五穀豊穣をご利益に授かる神社であり、御商売をされている方や芸能関係の方が多く参拝をされています。

多くの鳥居に参拝者の名前が入っており、そういった関係者の名前や企業名が見られたりして楽しめたりもします。

伏見稲荷大社の基本情報

場所:京都市伏見区深草藪之内町68

拝観時間・休日:24時間可能です。休みなし。

拝観料:拝観料はありません

拝観時間の目安:2時間(稲荷山含む)

御朱印の有無:あります。

 

スポンサーリンク



伏見稲荷大社へのアクセス【電車で行くには?】

伏見稲荷大社が観光ル-トとして人気をしている要因のひとつとして、電車で行くことが比較的容易なことがあげられます。

それは最寄りの駅として、JRと京阪電車がそれぞれ「稲荷駅」と「伏見稲荷駅」としてわかりやすい名称で用意されているからです。

そしてそれぞれの駅から伏見稲荷大社まで徒歩で行ける位の距離なので、電車を使うと比較的お手軽に行く方法になります。

 

伏見稲荷大社へのアクセス【京都駅から電車でどう行けばいい?】

多くの方が、JR京都駅から伏見稲荷大社へのアクセスは?と考えるかと思います。

電車で行く場合、JRであればそのままJR奈良線に乗換、「稲荷駅」で下車されると一番良いでしょう。

JR奈良線は、京都駅の新幹線ホームまたは八条東口改札側に向かって8~10番線が乗り場となります。

駅は「京都駅」→「東福寺駅」→「稲荷駅」ですので、2個目ですぐ着く感じになります。

 

伏見稲荷大社へのアクセス【大阪駅から電車でどう行けばいい?】

もしJR大阪駅から伏見稲荷大社へ電車で行くとしたらどうでしょう。

様々なパタ-ンが考えられますが、電車の本数・乗換を考慮すると、

1. JR京都線「大阪駅」→「京都駅」でJR奈良線に乗換、「京都駅」→「稲荷駅」

2. JR大阪環状線「大阪駅」→「京橋駅」で京阪電車に乗換、「京橋駅」→「伏見稲荷駅」

の2パタ-ンが無難な感じです。

ちなみにJR京都線「大阪駅」は7~10番線から新快速か快速で行くと45分位で「稲荷駅」に到着しますし、JR大阪環状線「大阪駅」なら2番線(外回り)から「京橋駅」で京阪電車に乗換えて、出町柳行の特急か準急に乗って1時間前後で「伏見稲荷駅」に到着します。

もちろんタイミング次第で他のパタ-ンの方が早く着いたりしますが、あくまで一般的に考えるとこの2パタ-ンをオススメします。

 

スポンサーリンク



伏見稲荷大社へのアクセス【バスで行くには?】

バスに乗って伏見稲荷大社に行く場合、JR京都駅からのアクセスで考えますと「南5」若しくは「105」系統の京都市営バスが「伏見稲荷大社」方面に行きます。

乗場は「C4」になります。降りる停留所は「稲荷大社前」になります。

伏見稲荷大社へのアクセス【車で行く場合の注意点】

日常の平日で伏見稲荷大社に参拝に行くのであれば一応駐車場がありますので問題は無いのですが、そこは人気観光地でもあります。

伏見稲荷大社の方からも、「ご参拝は公共交通機関をご利用下さい。」とうたっていますので、できる限り公共交通機関を利用した方がいいかと思います。

それにはこの辺りの地域に理由があります。

駐車場はどうするのか?

伏見稲荷大社周辺の地域の道路はそれ程広くはないので不慣れな車が通ると、どうしてもまごまごして渋滞しがちになります。

京都市内特有の一方通行の多さが更にドライバ-のストレスにもなり、知っていないと走りにくい道路事情となっています。

それでもマイカ-なりレンタカ-なり車で行く場合、車を何処に止めておくのかという駐車場の問題が出てきます。

幸い伏見稲荷大社に駐車場はあります。台数はそこそこ止められるのですが、万が一いっぱいの時には、現場係員の指示に素直に従いましょう。

別の駐車場に案内、紹介してもらいましょう。

 

更に車で伏見稲荷大社に行こうと考えている方に注意しておきたい点があります。

車で行く場合の注意点

伏見稲荷大社は年末年始にはそれこそ”超”がつくくらいの人気拝観スポットですから、当然境内の駐車場はその期間閉鎖しています。

期間としては12月30日から1月5日までです。

しかも、この時期前後位(特に正月明け10日位まで)は、伏見稲荷大社周辺の道路はメチャクチャ混んでいますので車で通ることは絶対避けた方がいいです。

俗に「稲荷混み」と称されています。

また、臨時の交通規制がかかっている場合もありますので、事前に京都府警察HPなどで確認しましょう。

ですので、初詣などの時は公共交通機関を利用するのがオススメです。

 

スポンサーリンク