瞬間「news」

生活や芸能のニュ-スをお届けします

大蔵流狂言師の善竹富太郎が新型コロナで亡くなる!40歳という若さ!

大蔵流狂言師の善竹富太郎が新型コロナで亡くなられました。40歳という若さでした。

狂言界のサラブレットと言われたくらい生粋の狂言師だけに残念です。

スポンサーリンク



大蔵流狂言師の善竹富太郎が新型コロナで亡くなる!

大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちく・とみたろう、本名茂山富太郎=しげやま・とみたろう)さんが4月30日午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため東京都渋谷区の病院で死去した。40歳だった。東京都出身。

葬儀は近親者で行う。喪主は父の狂言師善竹十郎(ぜんちく・じゅうろう、本名茂山十郎=しげやま・じゅうろう)氏。後日、お別れの会を開く予定。

曾祖父の善竹彌五郎は狂言界で初の人間国宝。富太郎さんは3歳から稽古を始め、5歳で初舞台。「狂言は心・生活のサプリメント」を信念に、狂言の普及活動に尽力。カルチャースクールの狂言講師、また各大学で狂言を指導。伝統を継承するだけでなく、オペラとのコラボなど、狂言界に新たな風を吹かせていた。

4月7日までツイッターを更新。3月30日には同29日に新型コロナウイルス感染症による肺炎のため死去した志村けんさんを悼み「けんさん、悲しすぎる!」とツイートしていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00000223-spnannex-ent

ネット上の意見はこちら

善竹富太郎が40歳という若さで亡くなる!

善竹富太郎はまだ40歳ですが、一族が狂言師というサラブレットでこれからの時代を担う存在でもありました。

3歳から狂言を始め、5歳で初舞台を経験する30年以上のキャリアをもっていました。

それだけに新型コロナウィルスの影響で亡くなるのは大変惜しいです。

大蔵流狂言師の善竹富太郎が新型コロナで亡くなる!40歳という若さ!まとめ

今回は、善竹富太郎はまだ40歳という若さで新型コロナウイルスの影響で亡くなられたことを紹介しました。
貴重な存在がまた、新型ウイルスによる犠牲となりました。

スポンサーリンク